2021年5月25日火曜日

チェリーちゃんの災難

 「五匹の猫」は緊急事態宣言の中、休業中で、ボクは超ひまなんだ、、、

 マダムにいつからカフェを再開するの?って聞いたけど、まだ分からないわね~って言われてしまった。
【はあ、、、】

 それはそうと、チェリーちゃんの元気がなくて心配していたんだ、、、

 ごはんもあまり食べなくて、いつも上がらないタワーの箱の中にこもってる。

触られたら痛いから避難しているにゃ、、、 チェリー


 どうしたの?って聞いたら、お尻のところが痛いのよって、、、

           【マダム、気付いて!】

 マダムが「チェリーちゃん、今日は朝から何も食べないし元気がないの」って、ボランティアのJさんに言ってた。

 Jさん、「しっぽの付け根のあたりが腫れてるよ。」

          【さすが、Jさん!!!気付いてくれてありがとう♥】


 マダムは早速、チェリーちゃんを病院に連れていくことになった。

          【チェリーちゃん、がんばって!】


 大きな橋を渡って、チェリーちゃんは病院に連れて行かれた。


 「膿が溜まってるね。よその病院なら切って膿を出すけど、麻酔は負担になるから切らずに治してあげるね」って、先生は自信満々だったって。

 で、注射を3本もされたって。「じきに膿が出るから出たら絞って出してあげて」ってマダムにやり方を教えてくれたんだって。

            【ひゃあー痛そう、、、】


 チェリーちゃんが病院から帰って来て、ケージに隔離された。 

ここは安全だにゃ、、、 チェリー


 その日は遅くまでマダムが居た。

マダムが居てくれると心強いですわ ひめ


 翌朝、マダムが心配そうにやって来た。

 チェリーちゃんの膿はまだ破裂してなかった。

 でも、チェリーちゃんがケージから出て、すぐに破裂して大量の膿が出てきたから、マダムは急いでまたあの大きな橋を渡って病院に行ったんだ!


 「膿が出たね、、、良かったね、、、」って先生が残りの膿が出るように絞ったんだって、、、

 チェリーちゃんは気絶しそうに痛かったって!

 でも、それからすごく気分が良くなったんだって。

           【チェリーちゃん、よかったね❤】

 傷を舐めたらいけないから、関東のK.Hさんにうちのコに使わなかったから役立ててほしいって頂いていた素敵な大きいカラーをすることになった。

ごはんも食べれるようになったにゃ♪ チェリー


 休業中だけど、遊びに来てくれたM夫妻がきれいなお花を持って来てくれたんだ。マダムは大喜び♥

ちょっと遅い母の日のお花だって♥


 M埼さんも庭のお花を持って来てくれて、マダムは元気付けられたって。

お庭にこんなお花があったらいいにゃ❤


 休んでいても「五匹の猫」のお客さまに元気をいただけてありがたいわねってマダムがつくづく言ってたにゃ♥


 みんにゃ、ありがとにゃん♪


 インスタグラム(gohikinoneko5)や猫カフェ 五匹の猫のFacebookページも

 よろしくお願いしますにゃ♬ 

 秘蔵写真から

また、接待できる日を待ってるニャ❣ ニャンズ一同


 みんにゃ、元気でまた会おうね!

    ハッチ店長


0 件のコメント:

コメントを投稿