猫カフェ五匹の猫の営業案内

平日 13:00~18:40
土・日・祝日 11:00~16:40
(定休日 月・火・金曜日)
北九州市小倉北区片野新町3-1-12
サンク・シャ 1階
093-967-6840

営業案内

時間制の予約にて営業しています。

2020年9月15日火曜日

台風一過@「五匹の猫」

 台風10号の到来にはずいぶん緊張しましたが、「五匹の猫」は被害なく、マダムの自宅も無傷でした。心配した停電もなく本当にホッとしました。

 北九州は被害が少なく済みましたが、被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

 台風当日はマダムが満を持して、ニャンズのお部屋にお泊りしました。

 いつもと違う様子にニャンズはいささか興奮気味でした(笑)

ちょっとビビったニャ~ ハッチ&ナナト

 チェリーちゃんはちょこちょこ「小腹が空いた」と訴えるも、マイペースでマダムのお腹に乗ったりしながら一緒に寝ていました。ひめちゃんは意外と平常心でした。

ワタクシたちは平気でしたわね ひめ

 外の風が強くなると、ウーロン警備隊長を筆頭に男子チームはカフェのガラス扉越しに外をじっと見ていました。

オイラはずっと警備してたニャ! ウーロン

 どんなに準備していてもそれ以上の勢力の台風が来たら、どうしようもありませんから、今回は勢力が弱まり、進路も少しずれて運が良かったとしか言えません。

 しかし、今回の準備のために必要なものを揃えたので今後は一安心です。


  さて、春頃からお話があり、新型コロナのため掲載が延び延びになっていた情報紙サンデー北九州の「猫カフェのススメ」が9月12日号に掲載されました♪

北九州の3件の猫カフェが紹介されました❤


 ところで、台風が去った後、サクラ猫クリニックの井上先生が歩道のグリーチングの下で鳴いている猫を救出したいのですが、、、というご相談がありました。

 国道と思われますので、区役所の道路を管理している部署に相談したら、どこが管轄しているか教えてくれると思いますとお答えしました。

 早速、管轄の所から職員さんが来てくれたそうです。

 猫ちゃんは10日ほどもそこにいたそうです。

 ハッチが、最初に保護してくれたおばあちゃんの家でタンスの裏に落ち込んでいた時のことを思い出しました。

 猫ちゃんは現在、井上先生が保護されています。

 ハッチとは違い、おっとりさんのようです(笑)

2.3kgの1歳未満のきれいな男の子

 家族としてお迎えしたいという方はこちらをご覧ください♪

 
 キャッツ・ペアレント応援隊を結成するなど、「五匹の猫」を応援してくださるオセピさんが55回のご来店でした。
 感謝状と特製カフェオーレカップをプレゼントしました❤ 

オセピさんの代理で顔出しですニャ、、、
オセピさんのうちの子ちゃん

 そして、続いてE.Mさまが55回目のご来店でした。
 お二人に感謝状と特製カフェオーレカップをプレゼントしました❤

E.Mさま、55回ご来店ありがとうございますm(__)m

 えっ!!もう55回ですか~とお二人とも驚かれていましたが、変わらずご来店くださり、感謝しかありません。ありがとうございますm(__)m
 これからもよろしくお願いいたします❤

 5のつく日に更新。次回の定期更新は9月25日です。 

  インスタグラム(gohikinoneko5)や猫カフェ 五匹の猫のFacebookページも

よろしくお願いします♬ 

 皆様ご無事で!
 また、お会いできますように、、、


2020年9月5日土曜日

Cigarさんちでの幸せな出会い♪

 「五匹の猫」の5周年を記念して、7月、8月の2か月間、しんこさんの作品展をさせていただきました。お越しいただきありがとうございました。

 たくさんの方にしんこさんの作品をお迎えいただき、しんこさんもマダムもハッピーです。

 しんこさんから「五匹の猫」に「和顔施」の額をいただきました。にっこり笑って、笑顔を差し上げるという意味だそうです。これからも「五匹の猫」は来てくださるお客さまにハッピーをお届けしたいです。


 

 久しぶりにCigarさんの保護部屋をお訪ねしました。

 オセピさんもお誘いし、ご一緒しました。

 猫部屋はカフェのように素敵で、猫さんたちもまったりしていました。

 寄って来て、撫でて、抱っこしてと甘えるコもたくさんいて、オセぴさんは感激していました(笑)

 久しぶり会った懐かしい面々。キャッツ・ペアレントさんが応援してくださっていたコたちもたくさん。

 お客さんが来るとなかなか登場しないというオーシャンくんも出てきてくれました。

あきまるくんのケージに乱入?中

 あきまるくんはちょっと大きくなったかな?

かわいいなあ~あきまるくん

 3本足だけど不自由なく行動するシャンクスくん。五匹の猫にいたトトちゃんに似てるけど、男のコだからトトちゃんよりかなり大きいさんでした。


 おはぎちゃんは6歳でお空に還ったウチのコにそっくり。きっとこんなおばあちゃんになったんだろうなって感じで、鳴き方もそっくり!

おはぎちゃんは超甘えん坊さん

うちのコです。そっくりでしょう?

 全盲のホヌくんも元気だったね。

 歩き回ると方角が分からなくなるって、Cigarさんが出発地点のケージに戻してあげてました(笑)

目が見えなくてもハッピーなホヌくん

 猫さんのお話をしている中で別室に隔離されているコのお話が出ました。

 ブリティッシュヘアーらしき若い男のコ、センターの職員さんが抱っこして写っている写真がめちゃくちゃ可愛くて、このコならすぐに里親さんが見つかるだろうと思ったそうです。

 ノンキャリアなら引き出しますとCigarさんは伝えたそうです。

オイラも殺処分寸前だった ウーロン

 しかし、エイズ陽性が判明。1時間後に期限が迫ったなか、悩みに悩み、Cigarさんはどうしても助けたくて引き出したそうです。

 しかし、このコは無去勢でスプレーをしました。すぐに手術。そして、楽し気に遊んでいたかと思うと、突然、何かが怖くなるらしくシャーと高速猫パンチ。

おやつは何でも好き!シャー言う余裕はありません(笑)

 ところが、オセピさんはそのコの猫パンチにも全くひるみませんでした。猫ちゃんの方が「あれ?」って感じでした。

 マダムはオセピさんとこの猫さんの様子を見ていて、運命の出会いを感じました。

 オセピさんは以前、ボランティアさんのところの人慣れしていないコを預かって1対1で向き合いたい。時間をかけて赤い糸を掴ませてあげたいと言われていました。

 人慣れしていないコはじっくり1対1で向き合ってあげないと、なかなか心を開いてくれないからです。たくさんのコを抱えているボランティアさんにはじっくり向き合う時間はありません。

 1人が1匹、そういうコをお世話してあげたら、きっと幸せをつかむチャンスがあると思います。

 オセピさんはそのコを預かることになりました。

 Cigarさんに助けてもらったそのコは幸せの第1歩を踏み出しました。

 オセピさんのインスタグラムで日々変化している様子が見れます→osepi


 さて、「五匹の猫」にかわいいプレゼントが届きました♪

 千葉のH夫妻、ありがとうございましたm(__)m

やったぜ!おちゅ~る元♪


 5のつく日に更新。次回の定期更新は9月15日です。 

  インスタグラム(gohikinoneko5)や猫カフェ 五匹の猫のFacebookページも

よろしくお願いします♬ 

 皆様ご無事で!
 また、お会いできますように、、、