猫カフェ五匹の猫の営業案内

平日 13:00~19:30
土・日・祝日 11:00~18:00
(定休日 月・火曜日)
北九州市小倉北区片野新町3-1-12
レ・サンク・シャ 1階
093-967-6840

2017年5月25日木曜日

夏も近づく「五匹の猫」♪

 5月だというのに夏のような日があって、慌ててエアコン洗浄をお願いしました。

 ニャンズの避難場所をどこにするか悩みましたが、玄関ルームで我慢してもらうことに・・・ 

早くお部屋に帰りたいよ~ ウーロン、トト、ひめ、チェリー、ナナト&ハッチ店長

表通りから見ると・・・ペットショップみたい
ニャンズのお部屋は夏に向けて準備中です。
 
カーテンも新しくなるんだニャ チェリー

 
夏用ベットも買ってくれたんだって トト
 
オイラがかじるから、爪とぎは新調してくれないって  ウーロン

マダムのスリッパはこのままでいいよ ナナト

パリのお土産、第2弾です♪

パリでは、「五匹の猫」でお出ししている紅茶マリアージュフレールの本店にも行って来ました。
マレ地区の細い道沿いにあります

 ちょっと薄暗い店内には紅茶の缶がずらりと並んでいます。500種類以上のお茶が揃っている老舗です。
 お願いするとギャルソンが茶葉の匂いを嗅がせてくれます。

ずらりと並ぶ紅茶の缶

ティーポットも並んでいます

 ギャルソンの一人が話しかけてきました。
 新作の紅茶などご紹介させていただいてよろしいでしょうか?と、とても丁寧な日本語です。 

 いくつか紹介してもらった紅茶の中から私が選んだのは、日本をオマージュして作ったという「SAKURA SAKURA」と「マルコポーロブルー」、どちらも販売されて間がないそうです。
 日本ではまだ、飲めないかもしれません。
 数量限定で6月からお出しします。なくなり次第終了です。

 これに合わせて、紅茶を温かく保ってくれるティーコゼの新作の販売もします。

 今回の「ふうちゃんの羽根」は羽根だけでなく小さなふうちゃんも付いていて、しかも取り外すことができます。
 自分へのご褒美に自宅でマルコポーロを楽しんでいただけるようティーバックも小分けして販売します。
 マルコポーロのティーバック、日本では見かけません。

 雨の日に読書でもしながら、マルコポーロいかがですか?
 私が一番好きな紅茶です。

 
 🎀Cigarさんちのハコちゃんにご支援いただきました。

  NEKOZUKIさま 50,000円
  A.Oさま       3,000円

 確かにお届けしました。
 「五匹の猫」の募金箱からも10,000円ご支援させていただきました。
 NEKOZUKIさんから「五匹の猫」へも10,000円ご支援いただきました。
 いつもありがといございます。

 🎀ボンちゃんへのご支援もたくさん届いています。
 報告は次回のブログでさせていただきます。
 引き続き、5月末まで受け付けております。

 
 5の付く日に更新しています。次回の定期更新は6月5日です。
 猫カフェ 五匹の猫のfacebookページも好評更新中です。
 
 また、お会いできますように・・

2017年5月15日月曜日

力抜いて、ゆっくり♪

 パリでは久しぶりに弟に会いました。
 20代の前半からパリで暮らしている彼は日本人というよりフランス人の感覚です。


 私が「次にパリに来るのはカフェを引退してからかな」と言うと、彼は「力抜いて適当に休んだりしながらだらっと続ければいいのに・・・」と言ってくれました。
陽だまりで、、、力抜いて、、、気持ちいいにゃ  ひめ

 そうだな、頑張って力尽きるより、長く続けることの方が意味があるなと思いました。
 ボランティアスタッフや夫に支えてもらって、私は頑張らないと!と休むことが悪のように感じていましたが。

 もっと力を抜こう、もっと楽しもう。
 せっかく大好きな猫たちと一緒に居られるのだから。
 幸せな時間を、もっといっぱい幸せを感じて過ごそう。
 そして、「五匹の猫」に来てくださる方にこの幸せな時間を感じてもらおう。
 ゆっくり、まったり、

ボクはお客さんの脚の上でくつろぐのが、大好きニャ♪ ナナト


 ゴールデンウィークの「五匹の猫」はいつもとは少し違った空気でした。
 前から来たいと思っていたんですが・・・と、初めてのご来店の方がたくさんお立ち寄りくださいました。
珍しい組み合わせだけど、、、気持ちいいからいいんだね♪

 そんな中、17人目の25回ご来店ゴールのお客さまにリースをプレゼントしました♪
無事にゴールしていただけて嬉しいです

 K.Wさまが初めて「五匹の猫」にお越しになった時、脳梗塞の後遺症で足に頑丈な装具を着けておられました。
 今は装具もなく、杖もなるべく使わないのだと言われています。
 毎日、毎日リハビリで歩いておられるようです。
 
 私は心の中で「ころばないように」と祈っています。
 無理するなと言われると無理したくなる性格だとご本人が言われるので。 

 5月、風が気持ちよくて、まだ夏の日差しではなくて、過ごしやすい季節ですね。
 でも、5月病というのも耳慣れた言葉です。
 過ごしやすい中に落とし穴があるのかもしれません。
 みなさん、無理をなされませんよう・・・
 
 
パリの朝市にはこんなお花屋さんも♪

 ボンちゃんへご支援を送ってくださったみなさまありがとうございます。
 引き続き、5月末まで受け付けております。

 
 5の付く日に更新しています。次回の定期更新は5月25日です。
 猫カフェ 五匹の猫のfacebookページも好評更新中です。
 
 また、お会いできますように・・




 

 

2017年5月5日金曜日

お久しぶりですニャ ノリスケです♪

 ゴールデンウィーク、まったりしている五匹の猫です。

 「五匹の猫」の伝説の猫、ノリスケくんの近況が届いたので、ご紹介しますね♪

 🎀のりすけファンの皆様へ
  こんにちは。のりすけのことを今でも気にかけていただき、有難うございます。お陰さまで、のりすけは元気にしています。
 季節の変わり目には涙や鼻水が酷くなったりしますが、鼻づまりが酷いときは、私が赤ちゃん用の鼻吸い器で吸ってあげています。先日は健康診断を受診し「やや肥満」と言われたため、少しご飯の量を調整中です。
  人間の毎日の暮らしの中では、嫌なこと、辛いことも色々あります。その度にのりすけは、ハグをして励ましてくれます。一緒に暮らし始めて、どれだけのりすけに力を貰ったか分かりません。
  今日は自分の夕御飯の支度をしてくれているパパさんの登頂に成功し、得意顔ののりすけをご覧ください。   
       のりすけママ

 店長が板についてきた?ハッチです。
ウィンドーベットがお気に入りだニャ♪

 最近、カフェには子猫を引き取ってもらえないかとの問い合わせが続いています。
 「五匹の猫」では原則、猫の引き取りは行っていません。

 そんな折、北九州市の動物愛護推進員のNさんが「五匹の猫」にお立ち寄り下さり、TNRの必要性について熱心に話してくださいました。
 今年は動物愛護センターに持ち込まれる子猫も昨年よりはるかに多いそうです。

 子猫が増え、不幸な道を辿る猫を減らすには、現時点では避妊去勢が最良の方法ではないかと思います。
 避妊去勢手術をした後、その猫の見守り管理(地域猫活動)をすれば、地域でのトラブルも減ります。
保護当時、猫かぜでお鼻がぐちゅぐちゅだったナナト


 
こんなに大きくなったナナト 
ハンバーガースタイルでお休みがお好み

 私は、時々、「五匹の猫」に就活に来ていた野良猫2匹が気になっていましたが、えさやりをしていた方の急逝を知り、2匹の避妊手術を決心しました。
 「五匹の猫」にいただいたご支援で費用を賄わせていただきました。
 今回2匹で20,000円でした。

ひめちゃんのカレンダーの上でお休み中のひめちゃん

 2匹の確保にはNさんが捕獲器を持って来て協力してくださり、野良猫の避妊手術に協力的な動物病院まで連れて行ってくださいました。
 私は店を閉めるわけにはいかず、自分が動くことが難しいので、とても助かりました。
 
 1匹は避妊手術済が分からず、お腹を開けました。
 また、手術されることがないよう、今回は耳にサクラカットをしていただきました。

 野良猫はご飯を十分に貰えば、たくさん子猫を生み、あっという間に増えてしまいます。
 ご飯をあげるなら、避妊手術は必須です。
ボクたちも野良猫になってたかもね。。。ハッチ&ナナト
ボクたち、ピカピカさんとキラキラさんになったよ

 
 TAMAさんちのネロくんにキャッツ・ペアレントのお申し込みをいただきました。
 「五匹の猫」に初めてお越しくださったS.T様です。

 キャッツ・ペアレントのお申し込みをいただくと嬉しくてテンションがあがります。
TAMAさんはこれから毎月ボクのことを報告するのが
楽しみなんだって♪

 もちろん、TAMAさんも大喜びです。支えてくださる方の存在は大きいです。
 S.T様、ありがとうございました。

 殺処分寸前の猫たちを救ってくださるボランティアさんを応援すると同時に、そういう子が増えないように、「五匹の猫」は、今後、野良猫の避妊去勢も支援できたらと考えています。

 
 ボンちゃんへのご支援、届いています。ありがとうございます。
 ご支援いただいた方のお名前は6月5日のブログでご紹介させていただきます。

 5の付く日に更新しています。次回の定期更新は5月15日です。
 猫カフェ 五匹の猫のfacebookページも好評更新中です。
 
 また、お会いできますように・・